16タイプの分け方について

この記事では16タイプ性格診断で分類される16の気質について解説していこうと思います。
いよいよ、本格的な解説になってきました。
まだ受験を為さっていない方は、こちらからどうぞ。

1. 16タイプの分類法について


前回の記事でもお話しした通り、性格を16タイプに分類するというのは『診断したんだん』独自の手法ではありません。
元々はユングという学者が考えた「性格を分類できないかなー」という思想に、とある親子が「タイプ分けの良い方法思いついた!」って感じで乗っかって出来たそれなりに由緒ある手法です。

具体的には「人間の精神を4つの指標に分け、それらの傾向を2つに分ける」ことで分類します。

何を言っているのか分からないと思うので噛み砕きますと、
・エネルギーが 外向き or 内向き
・ものごとのとらえ方が 感覚 or 直観
・判断するとき重視するのが 感情 or 思考
・外部に対して 判断を下す or 柔軟に受け入れる

こんな感じで自分に合っている方を選択していき、それぞれに付けられたアルファベットによってISFPですとかENTJですとか呪文のようなタイプ名をつけていきます。

それでは、一つ一つの指標について説明していきます。

2. エネルギーの方向 ~外向(E)と内向(I)~


最初の指標となるのは、「外向型」か「内向型」かです。
言葉のイメージから誤解されがちなのですが、これは必ずしも「外向型は明るい」とか「内向型は人付き合いが嫌い」とか、そういうことではありません。(無論、その通りな人もいますが)

この指標は「自分がエネルギーを外に向けているか、内に向けているか」を図るものなのです。

たとえば外向型の人間は次のような特徴を持ちます。
・人と話したり、パーティに出ると元気になる
・次から次へと新しい体験を求める
・何かを考えるとき、とりあえず会話・独白をしてみる
・自分の部屋で一人でいるとき孤独を感じる

一方で内向型の人間は次のような人が多いです。
・一人で考え事をしたり、趣味に没頭することで元気になる
・自分の考えをいちいち口に出すことがない
・何かを発言するとき、一度自分の頭の中で整理する時間が欲しい
・知らない人ばかりの空間にいるとき孤独を感じる

外向型(Extraverted)の人はE型、内向型(Introverted)の人はI型と呼ばれます。

決して人付き合いが上手とか活発で明るい人だとかそんなことを図る指標ではなく、あくまでエネルギーの向きが異なるだけということを覚えておいてくださいね。
(例えば外向型でもENTJは協調性から程遠い存在ですし、ISFJは社交も上手にこなすひとが多いです)

3. ものごとの捉え方 ~感覚(S)と直感(N)~


二番目の指標となるのは「感覚型」か「直感型」かです。

こちらは先程のEとIに比べ、遥かに分かりにくい指標だと思います。
それにも関わらず、これは「人々の間に横たわる最も深い溝」とされるほど重要な指標でもあるのです。
(『カーシー博士の人間×人間(にんげんかんけい) セルフヘルプ術』より引用)

感覚型の人間は以下のような特徴を持ちます。
・事実を好む
・享楽主義や経験主義が多い
・現実的
・細部の変化に気がつく(人の服や髪型、道順などに敏感)

それに対して、直観型の人間は以下のような特徴を持ちます。
・インスピレーションを好む
・空想主義や理論主義が多い
・未来志向
・全体を貫くテーマやイメージが閃く

どうでしょうか? はっきり言って漠然とした感じがすると思います。
ご自身がどちらか分からない場合、ちょっと置いておくのが吉かもしれません。
4つの指標を総合的に眺めてから判別したほうが楽に自分が感覚型か直観型かを知ることが出来ることがありますし、今後の記事の中でもちょくちょく触れていきたいと考えています。

※ ある意味、この感覚型か直観型かという考え自体が直観型的な素養を要求している。このモヤっとした説明に知的好奇心を刺激されたり、想像力がかき立てられるような気持ちになる人は直感型である可能性が高い……かもしれない。

感覚型(Sensing)の人はS型、直感型(Intuition)の人はN型と呼ばれます。

このSNの指標が「人間関係最大の溝」となるのは、これがコミュケーションの手法から価値観まで幅広い要素に影響を与えるためです。

たとえば経営会議において「過去のデータが大切」と考える感覚(S)型の人と「次の戦略イメージを考えることが大切」と考える直感(N)型の人では、話が全くかみ合いません。実際にはどちらも経営には不可欠な視点であるはずなのですが、どうしても自分が大切と思う指標の方を信用し、逆の指標を重視する人が劣って見えてしまうのです。(具体的には、頭の中で色々な理論をこねることが得意なINTPからすれば行動派のESFPは考えなしの俗物に見えかねません。逆に、ESFPからすればINTPは現実を見るセンスのない頭でっかちに映るでしょう)

この溝を埋めるためには、それぞれの指標の価値をきちんと考える必要があるのかもしれません。

4. 判断の仕方 ~感情(F)と思考(T)~


三番目の指標となるのは「感情型」か「思考型」かです。

これもまた誤解を呼びやすいのですが、感情型だからといって「感情的」「優しい」人ばかりというわけでもないですし、逆に思考型だからといって「知的」「頭でっかち」というわけではありません。

感情型の人は「価値観」を大切にする人たちです。同じ感情型でも「自分が思ったこと」や「個人的な事情」を大切にする人と、「グループ内の調和」や「人と人との助け合い」を大切にする人たちに分けられるのですが、彼らは共通して「価値観」つまり「自分にとっての重み」で物事を判断する傾向があります。
それが理屈としては誤りであっても自分が受け入れたいと思えば受け入れますし、正論であっても価値観にそぐわなければ拒否します。

一方、思考型は「論理性」を大切にする人たちです。彼らは共通して「それが正しいかどうか」「公正な論理に基づくか」を重視します。
それがたとえ受け入れがたい決定であっても論理的に筋が通っていれば従いますし、誰もがこうしたいと思うことでも理屈として正しくなければ納得しません。

感情型(Feeling)の人はF型、思考型(Thinking)の人はT型と呼ばれます。

なお、このFTの指標には明確な性差が確認されており、女性はF型、男性はT型が多い傾向にあります。

5. 外部への態度 ~判断(J)と知覚(P)~


最後の指標となるのが「判断型」か「知覚型」かです。これは端的にいうなれば「外界への関わり方」です。

人は自分以外に対して「情報を受け入れ、判断を下し」ています。そのうち、情報を受け入れる方を重視するのが「知覚型」、判断を下す方を重視するのが「判断型」です。

「判断型」の人は以下のような特徴を持ちます。
・計画的
・締め切りを守る
・仮にでも決断したがる

「知覚型」の人は以下のような特徴を持ちます。
・アドリブを好む
・締め切りは目安
・よく分からないなら保留する

判断型(Judging)の人はJ型、知覚型(Perceiving)の人はP型と呼ばれます。

この機能もSNの指標ほどではありませんが、人間関係においては問題となることが多いです。
(詳細は省きますが)MBTI的にはここが異なるとまるで違う性格となるのですが、自分の方が相手より正しく、相手が劣った人間のように見えてしまうからです。

6. 他サイトにおける説明


こちらのサイトにもよくまとまっています。

キャラクター性格診断スレまとめ Wiki

MBTI入門

7. 参考書籍


書籍で学習するなら、オススメはこのあたりです。

8. 最後に


さて、いかがだったでしょうか?
改めて自分のタイプと見比べてみると、すぐに納得がいくところも首を傾げるところもあるかと思います。

勘違いしてはいけないのは、「自分はE型だからI的な考えは出来ない」「あの人はP型だから締め切りを守らない」などの極論で語れるほどの要素ではないということです。
あくまで自分のタイプは「利き手」であって、状況次第では逆の手を使うことも出来ます。
特に「ビジネス」や「緊張状態」といったリラックスしていない状態においては、頑張って利き手でないほうの手を使おうとすることも多いです。

そんなに単純なツールでも、明快な学問でもないことには十分注意してくださいね。

次回から各タイプの心理機能とかの解説をまとめていきたいと思います。
二番煎じ? なに、問題ない。世の中、残るのは先に出た方ではな(自主規制

診断する

自分のタイプが分かっている方はこちらから!

.

動物診断はこちら!

.

エラーが発生しました